愛知で唯一の1回目の施術から実感できる骨盤の矯正で股関節の痛みを解消。外傷治療は「保険治療」が可能です!

しまうま針灸接骨院

名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
キッズルームが受付横にございますので、お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

しまうま針灸接骨院のブログ

足首固いのを改善したいあなたへ

    • 脚の痛み

足首固いのを改善するストレッチ 足首の硬さ対策は、後脛骨筋を中心とした筋膜のねじれや縮み、硬縮を解消する事からスタートします。 痛みの原因となるツボをしっかりとらえると、すねの裏側に放散痛が出て、ゆるみます。 後脛骨筋と同様に足首からすねの内側につながる前脛骨筋、そこからつながるアキレス腱も押し伸ばせば、筋膜の弾力が回復します。 すねを柔らかくして、足首を柔軟に保ちます。 後脛骨筋 (準備姿勢) 床に座る。左脚は軽く膝を曲げて、テニスボールをすねの骨のふちに当てる。 すねの骨に沿って押し伸ばす ボールを骨のふちに沿って押し当てながら、足首の方にゆっくり転がし往復させる。 もう一方の脚も同様に行います。

足の裏で特に土踏まずが痛い人の理由

    • 脚の痛み

足の裏の痛みが土踏まずに出る人は こんな人に多いのです 足の裏にある筋膜は、特に偏平足の人が異常を起こしやすい部位です。 疲労を解消しないまま放置すると、ある日突然、激痛が走り足を地面につけられなくなりかねません。 何もしていないのに、急に痛くなりましたと言って来院する患者さんのほとんどがこの原因によるものです。 ただ、最近の治療傾向として偏平足の人だけがこの症状を訴えて来院してるかといえば実はそうでもありません。 偏平足以外の人でも、足の裏の痛みを訴えて来院することが頻繁にあります。 その理由は、合わない靴を履き続けていたりすることがよくあります。 靴の重要性についてはまた、後日書きたいと思います。 話は元に戻り、足の裏とともに隣接するかかと、そして筋膜でつながるひざ裏までの押し伸ばしは、セットで行うのが必須です。 膝から下の、どの部位の痛みにも有効です。 足底腱膜 スチール缶を踏みつけて転がす 左足でスチール缶を踏みつける。体重を乗せながら転がし、10秒静止したら少し動かします。足の裏を全体的に押し伸ばす。 右足も同様に行います。 ポイントは、強くやり過ぎない事。気持ちいいからといって、テレビを見ながら、長時間やっていてその時は痛くなくても、次の日足をついたら痛くて歩けなくなった・・・なんて事にもなりかねません。 やる時は、時間を区切ってやりましょう。

ふくらはぎがつる人や痛い人へ

    • 脚の痛み

ふくらはぎがつる、あるいは痛い人は ぜひお読みください ふくらはぎを形成する表層の筋肉、腓腹筋やヒラメ筋はもちろん、上部にある膝下筋、かかとに近いアキレス腱まで、ひざ裏からかかとまでの広範囲の筋膜を押し伸ばします。 膝下筋を押し伸ばすと、ふくらはぎの奥に放散痛を感じられてほぐれます。 片足重心がクセになっている人も、痛みや疲労が溜まりやすいので、オススメです。 膝下筋 リンパの流れまで一気に回復できる (準備姿勢) 正座し、つま先を立てる。 左脚のひざ裏深くにテニスボールを置く。 ①ひざ裏の筋膜を押し伸ばす そのまま腰を下ろし、ひざ裏の筋膜を押し伸ばします。 ②もう一方の脚も同様に行います ポイントは、つま先を立てると、ふくらはぎの筋肉をしっかり伸ばせることができます。 腓腹筋、ヒラメ筋、アキレス腱 (準備姿勢) 両脚を前に伸ばして床に座り、体の横に巻きタオルを置く ①巻きタオルにアキレス腱を乗せる 左脚の足首の裏側、かかとのすぐ上あたりに巻きタオルを横向きに置く。 両手を後ろにつき、右脚を左脚に乗せる。 ポイントは、右脚を左脚に乗せた時に、ふくらはぎが硬いと痛むこともあります。 その場合は、右脚を乗せなくてもいいです。 ②アキレス腱を押し伸ばす 手で上体を支えながらお尻を浮かせ、タオルに脚の重みを乗せて押し伸ばします。 ③腓腹筋下部の筋膜を押し伸ばす 巻きタオルを手前に1本分ズラし、⑵を行う。さらに、つま先をゆっくり左右に振り広範囲の筋膜を押し伸ばします。 ④腓腹筋中・上部の筋膜を押し伸ばす ひざ裏の手前まで、タオルの位置をずらしながら2〜3カ所に分けて押し伸ばします。 それぞれつま先を左右に振り、押し伸ばします。 ⑤もう一方の脚も同様に

ひざから下の痛みや違和感を感じる時は・・・

    • 脚の痛み

ひざから下の痛みや違和感を感じる方は ぜひお読みください   ひざから下が痛む場合は、すね、ふくらはぎ、足首、足の裏を押し伸ばします。 すねは長時間の歩行や立ち仕事による疲労で痛めやすい部位。 ”第二の心臓”と呼ばれるふくらはぎは、血液や体液を循環させる筋ポンプ作用の低下によってむくみ、不調を訴える人が多く見られます。 なかでも、多くの人が痛みや不安を訴えるのが、足首です。 足首は全体重を支え、バランスもとります。 同時に、足元からの影響も受けるため上下からのストレスで筋膜が変異してしまうからなのです。 足首の筋膜の硬縮は、足の甲が痛む、足の指がつる、踵骨骨端炎と呼ばれるかかとのトラブルなど、意外と多くの痛みに発展します。 歩く場所がコンクリートか土か、履くのがヒールかスニーカーか、といった外的要因も大きいので、痛みを感じたら見過ごさないようにしましょう。 関係する筋肉 足の甲 前脛骨筋 膝下筋 腓骨筋 ヒラメ筋 アキレス腱 足底腱膜 腓腹筋 後脛骨筋 体重を支える足は、疲労の溜まりやすい部位です。 筋膜によって、すねと密接につながるので、痛みの原因はいずれもほぼ同じです。 例えば、ミュールやビーチサンダルで歩いていると、脱げないよう指先に力を入れるため、ここの筋膜が硬縮して痛みを起こしやすくなります。 前脛骨筋を押し伸ばすと、甲に放散痛が広がりゆるみます。 足の甲 足の血流も上げられるため、冷えの解消にも最適 (準備姿勢) 床に座り、足の裏を床につける ①足の甲の筋膜を押し伸ばす 左右の甲の骨と骨の間に指を押し当て、骨に沿ってゆっくりとすべらせていきます。 1回につき10秒ほどかけて行います。 ②4カ所すべてを押し伸ばす 4カ所ある足の甲の骨と骨の間を、順に伸ばす。 ③もう一方の足も同様に行います 前脛骨筋 (準備姿勢) 床に正座し、つま先を立てる。 巻きタオルを体の横に置く。 ①すねの下に巻きタオルを置く 巻きタオルを左のすねの下に横向きに入れ、足首を伸ばす。 ②すね中部の筋膜を押し伸ばす 両手を床について前傾姿勢になり、巻きタオルに体重をかけ10秒静止する。 ③すね全体の筋膜を押し伸ばす 巻きタオルを少し下にずらしながら押し伸ばすを繰り返す。 ひざ下から足首までを押し伸ばしていく。 ④もう一方の脚も同様に行います

脚の横側や後ろに痛みが出る場合の解消方法

    • 脚の痛み

脚の横側に現れる違和感や痛みに効果的です お尻の深層部にある中殿筋は股関節近くに付着しています。 ここに変異が起きると、筋膜を伝わり股関節あたりに痛みを感じます。 また、X脚の原因にもなるので、まめに押し伸ばしましょう。 中殿筋 動かしていない人ほど筋膜が硬くなっている。 大腿筋膜張筋 中殿筋と密接につながる。 前面の筋膜も伸ばしましょう。 (準備姿勢) 四つんばいになり、巻きタオルを横向きに置きます。 ①巻きタオルに左太ももの付け根を乗せて、右脚を上げ、左側に体重をかける。 ②反対側も同様に行います。 脚の後ろ側に現れる違和感や痛みに効果的です 股関節の硬さを緩めるには、関節に近い深層部の筋膜へのアプローチが有効です。 ツボにうまく入ると、下肢に突き抜けるような軽い痛みを感じられます。 筋膜の硬縮を解消できれば、歩行もラクに。 あぐらをかいた時、膝の高さに左右差があって気になるという人も、ぜひ取り入れましょう。 梨状筋 脚がしびれる人にも高い効果が見込める。 (準備姿勢) 床に座り、体の後ろに巻きタオルを縦向きに置く。 ①左のお尻の下に巻きタオルを置く 片側の坐骨に当たるように巻きタオルを入れ、仰向けになる。 ②左側の膝を外側に置く 左膝を床を滑らせるようにして上げる。 ③梨状筋の筋膜を押し伸ばす 左手で左太ももを押さえ、巻きタオルに体重を乗せて梨状筋の筋膜を押し伸ばす。 ポイントは、股関節の硬い人ほど、逆サイドの腰が浮いてくるので、手でしっかり押さえる事。 ④反対側も同様に行います。  

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

1月末日までの期間限定

施術1回 通常 6,500

初回限定

2,980

毎月、8名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り3名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0120-592-141 0120-592-141

診療時間 午前9:00〜12:00/午後15:00〜19:30(土は13:00)第3木曜日は休診

しまうま針灸接骨院

住所
〒 490-1141
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
アクセス
名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
名古屋第二環状線甚目寺南降り口から車で5分
代表者
仲田英人
電話番号
0120-592-141 0120-592-141

土は13時まで受付しています。また木曜日午後も第3木曜日以外は診療再開しました!

営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP