愛知で唯一の1回目の施術から実感できる骨盤の矯正で股関節の痛みを解消。外傷治療は「保険治療」が可能です!

しまうま針灸接骨院

名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
キッズルームが受付横にございますので、お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

しまうま針灸接骨院のブログ

ランニングで膝が痛くなったら・・・

    • 膝の痛み

ランニングで膝が痛くなる人はお読みください ひざの外側の痛みは、お尻の筋肉が弱い、あるいはオーバーワークなどで脚の外側にストレスがかかることでも生じます。 ジョギングが趣味の人に痛みを抱えるケースが多くみられ、腸脛靭帯炎(ランニングニー)と診断されることも。 太ももの外側に向かって広がる放散痛が感じられるよう、脚のつけ根を圧迫しましょう。 また、ひざのお皿(膝蓋骨)全体や内側に痛みを感じたら、膝まわりの筋力不足などを原因に筋膜にトラブルが発生しがちです。 階段の上り下りで、特に痛みを感じやすくなります。 太ももの内側からひざのお皿につながる内側広筋、前面の大腿四頭筋、裏側にあるハムストリングスをしっかり押し伸ばしましょう。 大腿四頭筋・ハムストリングス 内側広筋 (準備姿勢) 両足を前に伸ばして床に座りスチール缶を持つ。 ①太もも内側を伸ばす 左脚を開いて、ひざを曲げる。 ②太もも内側の筋膜を押し伸ばす 左脚の太もも内側からひざの内側にかけて、スチール缶を転がしながら10秒ずつ押し伸ばします。 ③もう一方の脚も同様に行います

ひざから下の痛みや違和感を感じる時は・・・

    • 脚の痛み

ひざから下の痛みや違和感を感じる方は ぜひお読みください   ひざから下が痛む場合は、すね、ふくらはぎ、足首、足の裏を押し伸ばします。 すねは長時間の歩行や立ち仕事による疲労で痛めやすい部位。 ”第二の心臓”と呼ばれるふくらはぎは、血液や体液を循環させる筋ポンプ作用の低下によってむくみ、不調を訴える人が多く見られます。 なかでも、多くの人が痛みや不安を訴えるのが、足首です。 足首は全体重を支え、バランスもとります。 同時に、足元からの影響も受けるため上下からのストレスで筋膜が変異してしまうからなのです。 足首の筋膜の硬縮は、足の甲が痛む、足の指がつる、踵骨骨端炎と呼ばれるかかとのトラブルなど、意外と多くの痛みに発展します。 歩く場所がコンクリートか土か、履くのがヒールかスニーカーか、といった外的要因も大きいので、痛みを感じたら見過ごさないようにしましょう。 関係する筋肉 足の甲 前脛骨筋 膝下筋 腓骨筋 ヒラメ筋 アキレス腱 足底腱膜 腓腹筋 後脛骨筋 体重を支える足は、疲労の溜まりやすい部位です。 筋膜によって、すねと密接につながるので、痛みの原因はいずれもほぼ同じです。 例えば、ミュールやビーチサンダルで歩いていると、脱げないよう指先に力を入れるため、ここの筋膜が硬縮して痛みを起こしやすくなります。 前脛骨筋を押し伸ばすと、甲に放散痛が広がりゆるみます。 足の甲 足の血流も上げられるため、冷えの解消にも最適 (準備姿勢) 床に座り、足の裏を床につける ①足の甲の筋膜を押し伸ばす 左右の甲の骨と骨の間に指を押し当て、骨に沿ってゆっくりとすべらせていきます。 1回につき10秒ほどかけて行います。 ②4カ所すべてを押し伸ばす 4カ所ある足の甲の骨と骨の間を、順に伸ばす。 ③もう一方の足も同様に行います 前脛骨筋 (準備姿勢) 床に正座し、つま先を立てる。 巻きタオルを体の横に置く。 ①すねの下に巻きタオルを置く 巻きタオルを左のすねの下に横向きに入れ、足首を伸ばす。 ②すね中部の筋膜を押し伸ばす 両手を床について前傾姿勢になり、巻きタオルに体重をかけ10秒静止する。 ③すね全体の筋膜を押し伸ばす 巻きタオルを少し下にずらしながら押し伸ばすを繰り返す。 ひざ下から足首までを押し伸ばしていく。 ④もう一方の脚も同様に行います

太ももの裏が歩くと痛い

    • 太ももの痛み

太ももの裏が歩くと痛い方は以下のやり方で 痛みを改善できるかもしれません 太ももの裏側に疲れが溜まる、あるいはつる人は、ハムストリングスを中心に押し伸ばしましょう。 ハムストリングスは、坐骨からひざにつながるため、骨盤の前傾や後傾があると筋膜が伸長、あるいは短縮して痛みの引き金を引いてしまう事もよくあります。 範囲が広いので、押し伸ばせば下肢の血流もグッとスムーズになります。 (準備姿勢) 床に座り、体の後ろに巻きタオルを横向きに置く。 ①巻きタオルに太ももの裏側を乗せる 左脚を伸ばし、太ももつけ根に当たるように巻きタオルに乗せる。 右脚はひざを立てる。 ポイントは、太もも裏面に刺激を感じない場合は、雑誌やタオル、座布団などを重ねて高くしてみましょう。 ②ハムストリングスの筋膜を押し伸ばす 両手を体の横につき、左脚の太もも裏側に体重が乗るようお尻を少し浮かせて押し伸ばす。 ポイントは、脚のつけ根側のハムストリングスは体の深層にある為、そのままでは刺激が届きにくいです。 体を屈曲すると、ハムストリングスがよく伸び、リリース効果が高まります。 ③より広範囲の筋膜を押し伸ばす 左脚のつま先を左右に振る。 それぞれ10秒かけてゆっくり押し伸ばす。 ポイントは、スポーツ直後の肉離れなどの際などに行うと悪化する。 この場合は、絶対にやらないでください。 ④太もも裏の中央あたりの筋膜を押し伸ばす 巻きタオル1本分、ひざのほうにズラし、⑵〜⑶を行う。 ⑤もう一方の脚も同様に行う

太ももの前が痛みや違和感を感じる方へ

    • 太ももの痛み

太ももの前がだるい、またはつりやすい方は ここを緩めましょう 太ももの前がだるい・つりやすい人は、表層にある大腿四頭筋をゆるめるとラクになります。 ひざのお皿まわりに響くような痛みとともに、痛みの原因となるもとは解消されます。 大腿四頭筋のゆるめ方 (準備姿勢) 床に座り、丸いスチール缶を持つ ①一方の太ももの前を伸ばす 右脚は前に伸ばし、左脚はひざを曲げて足をお尻の下に入れる ポイントは、ひざに痛みがある人は、無理に曲げてやらない事。 余計にひざに痛みが出現し、悪化する場合があります。 ②スチール缶を太ももの前に当てる 太ももの前にスチール缶を押し当てる。 姿勢を保ちにくかったら、右手を後ろについてもいいです。 ポイントはスチール缶を使うと、広範囲を一度に刺激できます。1点集中したい場合は、テニスボールでも可能です。 ③太ももの前の筋膜を押し伸ばす スチール缶を10秒ほど押し当てながら、太もものつけ根からひざ上あたりまでゆっくり転がす。    

太ももは肉離れをしやすい部分です

    • 太ももの痛み

太ももは肉離れをしやすいんです(泣) 大きな筋肉が集中し、全身を動かす際のエンジンとなるのがこの部分です。 筋肉の一つ一つが強靭なので、トラブルは比較的少ないと言えます。 強いからこそ、どこかに弱った筋肉があるとそこのはたらきを補う為の『代償動作』をしがちでもあります。 代償動作で酷使されれば、強いはずの筋肉もやがて硬化し、付着する筋膜も硬縮が進みます。 お尻や太ももに密集する筋肉は、骨盤を支えるはたらきもある為に、疲労を溜めやすいです。 太ももの後ろが張ったり肉離れを起こしやすい人は、代償動作で疲労が太ももに蓄積しやすい状態が常態化している可能性があります。 関係する筋肉 大腿筋膜張筋 腸脛靭帯(大腿広筋膜) 大腿四頭筋 ハムストリングス 大腿筋膜張筋 骨盤に付着する大腿筋膜張筋は腸脛靭帯につながり、ひざに付着しています。 この2つは一心同体の関係です。 大腿筋膜張筋はあらゆる方向へ太ももを動かす時にはたらくので、腸脛靭帯にもつねにストレスがかかり、筋膜は硬縮。 痛みが生じやすくなります。 (準備姿勢) 四つんばいになり、巻きタオルを横向きに置く。 ①太もものつけ根に巻きタオルを当てる 巻きタオルが左太もものつけ根に当たるよう、うつ伏せになる。 ひじで上体を支える。 ②太ももつけ根の筋膜を伸ばす 床を滑らせるように右膝を上げる。 ③太ももつけ根の筋膜を押し伸ばす。 左太ももの外側に体重がかかるよう体を少し左に傾け、かかとを外側に倒して10秒押し伸ばす。 ポイントは、つま先がまっすぐだと大腿筋膜張筋あたりの筋膜を刺激できない。 ④もう一方の脚も同様に行います。 腸脛靭帯 (準備姿勢) 四つんばいになり、巻きタオルを横向きに置く。 ①太ももの側面を巻きタオルに乗せる 巻きタオルが、右脚のつけ根の下に当たるよう、腰を下ろす。 骨の出っ張りを感じるあたりが良い。 ②太もも側面の筋膜を押し伸ばす 巻きタオルの当たっている部分に体重をかけて10秒間押し伸ばす。 ③少し下の筋膜を押し伸ばす ひざの方に巻きタオル1本分ズラして⑵を行う。 ④ひざ側面まで押し伸ばす 脚のつけ根からひざの外側まで押し伸ばせるよう、少しずつ巻きタオルをずらしながら⑵を繰り返す。 ⑤もう一方の脚も同様に行います

O脚が悪化しないようにする運動

    • О脚、X脚

  O脚やX脚などに心あたりがある方は 一度やってみてください 脚を閉じる動作に関わる内転筋と、腰殿部から太ももの内側に付着する大腰筋を押し伸ばします。 ともに骨に近い深層部を押し伸ばし、筋膜の縮みや引っかかりをほどきます。 ツボをしっかり押さえると、膝の内側と脚の付け根に響く痛みを感じられ、ゆるんでいきます。 股関節に痛みを感じる人にもオススメです。 内転筋 O脚ぎみの人はゆるんでいるので刺激を与えましょう。 (準備姿勢) 雑誌の束(高さの目安は15センチ)などの上に巻きタオルを縦向きに置き、そのわきで四つんばいになる。 ①巻きタオルを太もも内側に当てる 左太ももの内側、左膝のやや上あたりに巻きタオルが当たるよう脚を開いて乗る。 肘で上体を支える。 ②内転筋の筋膜を押し伸ばす 左脚に体重を乗せ、膝を曲げたり伸ばしたりする。 それぞれ10秒かけて行う。 ③もう少し手前の内転筋を押し伸ばす 巻きタオルをひざ寄りに1本分ズラし、⑴〜⑵を行う。 ポイントは、巻きタオルに乗せただけで強い刺激を感じたら、ひざの屈伸はしなくてよい。 逆に押し伸ばされる感じがない場合は、さらに雑誌やタオルを重ねて、巻きタオルの位置を高くする。 ④もう一方の脚も同様に行う 大腰筋、腸骨筋  

脚の横側や後ろに痛みが出る場合の解消方法

    • 脚の痛み

脚の横側に現れる違和感や痛みに効果的です お尻の深層部にある中殿筋は股関節近くに付着しています。 ここに変異が起きると、筋膜を伝わり股関節あたりに痛みを感じます。 また、X脚の原因にもなるので、まめに押し伸ばしましょう。 中殿筋 動かしていない人ほど筋膜が硬くなっている。 大腿筋膜張筋 中殿筋と密接につながる。 前面の筋膜も伸ばしましょう。 (準備姿勢) 四つんばいになり、巻きタオルを横向きに置きます。 ①巻きタオルに左太ももの付け根を乗せて、右脚を上げ、左側に体重をかける。 ②反対側も同様に行います。 脚の後ろ側に現れる違和感や痛みに効果的です 股関節の硬さを緩めるには、関節に近い深層部の筋膜へのアプローチが有効です。 ツボにうまく入ると、下肢に突き抜けるような軽い痛みを感じられます。 筋膜の硬縮を解消できれば、歩行もラクに。 あぐらをかいた時、膝の高さに左右差があって気になるという人も、ぜひ取り入れましょう。 梨状筋 脚がしびれる人にも高い効果が見込める。 (準備姿勢) 床に座り、体の後ろに巻きタオルを縦向きに置く。 ①左のお尻の下に巻きタオルを置く 片側の坐骨に当たるように巻きタオルを入れ、仰向けになる。 ②左側の膝を外側に置く 左膝を床を滑らせるようにして上げる。 ③梨状筋の筋膜を押し伸ばす 左手で左太ももを押さえ、巻きタオルに体重を乗せて梨状筋の筋膜を押し伸ばす。 ポイントは、股関節の硬い人ほど、逆サイドの腰が浮いてくるので、手でしっかり押さえる事。 ④反対側も同様に行います。  

股関節の痛みの原因

    • 股関節の痛み

股関節が痛い人の原因を解説します 股関節は、様々な方向に可動できる分、筋肉や筋膜の影響を強く受けます。 筋肉は深層部と表層部にありますが、関節の動きや姿勢の維持に深く関与するのが深層部の筋肉です。   メインターゲット 骨盤と大腿骨に付着する深層部の筋膜。 股関節のトラブルでよく見られるのが、お尻の筋肉が弱く、それが筋膜を伝って股関節の動きを制限し痛みが出るケース。 ヒールの高い靴を常用する女性に多く、注意が必要です。 股関節は、下肢の複雑ないろんな動きに対応する為に、酷使される部位です。 痛みの原因となりやすい骨盤のズレなどは、マッサージなどでは取れませんので、まずは骨盤矯正をする事からオススメします。 原因となる筋肉 大腿四頭筋 中殿筋 大腿筋膜張筋 梨状筋 内転筋 大腰筋 腸骨筋 大腿四頭筋 股関節に痛みを感じる時は、基本的に太ももの筋膜を全方向から押し伸ばすのがベスト。 歩行時に、脚の付け根あたり痛みや違和感がある場合に効果的。 ツボに入ると、膝のお皿まわりに響く痛みが生じて緩みます。 (準備姿勢) 四つんばいになり、体の下に巻きタオルを横向きに置く。 ①巻きタオルに太もも前面を乗せる 左膝のお皿の上あたりに巻きタオルが当たるよう、うつ伏せになり、肘で体を支える。 ②太もも前面下部の筋膜を押し伸ばす 右膝を、床を滑らせるように上げる。 左太ももに体重が乗るよう腕で上体を支えて押し伸ばす。 太もも前面が押し伸ばされる実感がない場合は、雑誌や座布団などを重ねて高さをだします。 ③太もも斜め前面の筋膜を押し伸ばす かかとを左右にゆっくり振り各10秒押し伸ばす。 こうすると、より広い範囲の筋膜を伸ばす事ができる。 ④さらに上の筋膜を押し伸ばす 巻きタオルを1本分上にズラし、⑴から⑶を行う。 ⑤反対側も同様に行います 上記のやり方で伸びた感じが弱い方は以下の方法をお試し下さい。 ②の姿勢から左脚を曲げ、右手でつま先をつかむ。 雑誌や座布団などを重ねて、巻きタオルの位置を高くするとやりやすい。 つま先がつかみにくければ、足首にタオルを引っ掛ける。 ポイントは、腰痛持ちの人は腰が痛みやすいので、腰を反らせすぎないように注意する事。

胸筋と背筋のバランスが悪いと痛くなります

    • 背中の痛み

腕や首の動きに関わる大きな筋肉に覆われた胸や背中は多くの関節を筋肉がまたぎ、腕や首を動かすたびに伸縮します。 どちらの部位も特定の動きを繰り返しやすいので、負担が集中しやすいです。 この部分は体の中でも大きい筋肉で覆われています。 しかも、頭蓋骨と首を通り、姿勢維持に特に関係の深い脊椎もある為、容易には筋肉も緩まないのです。 日中同じ姿勢で使い続けた首から上の上半身の筋肉は、姿勢維持の為にカチカチになってしまっています。 逆にこの筋肉がカチカチになってくれているおかげで長時間の作業が可能となっているわけです。 少しくらいは、ねぎらってあげましょうね(笑) 腹筋が弱い、骨盤が後傾または前傾している人も、脊柱を介して胸部の筋膜に影響します。 その結果、筋膜のねじれや引きつれにより肩がすくむ、猫背になる、腰が反るなど悪い姿勢がクセになります。 原因となる筋肉は以下の通りです。 鎖骨下筋 大胸筋 僧帽筋上部 菱形筋 広背筋 脊柱起立筋群   鎖骨下筋・大胸筋 猫背の人は、肩甲骨が左右に広がり、手前に巻き込むのですが、この時に胸が縮まります。 これが続くとこり固まって、筋肉が短縮しやすいのです。 僧帽筋上部・菱形筋・広背筋・脊柱起立筋群 (準備姿勢) 床に座り、体の後ろに巻きタオルを横向きに置く ①巻きタオルに背中を乗せる 巻きタオルが背中の真ん中あたり(胸椎12番目)に当たるように、仰向けに寝る。 膝は曲げて背中を伸ばす。 ②上背部の筋膜を押し伸ばす 両腕を頭上へ伸ばし、巻きタオルに体重をかける。 上背部の筋膜を押し伸ばす。そのままの姿勢で10秒キープ。 ポイントは、腰が反りすぎて痛む場合は、腹筋に力を入れて巻きタオルに仰向けに寝る。 ③上背部全体を押し伸ばす 肩甲骨の上端まで2回くらいタオルの位置を変えて、上背部全体をリリースしていく。 脊柱起立筋群 腰の痛み原因参照

ばね指で親指が曲がらないあなたへ

    • 手首の痛み

  ばね指で指が曲げにくい、またはグッと力を入れていき急にパチン!と動くような症状の方も同様です     背側骨間筋、拇指内転筋 40代、50代の女性に多い「ばね指」と呼ばれる症状があります。 冷えや使い過ぎが原因と考えられています。 手の甲や手のひらにある骨の間の筋膜を押し伸ばして、血流をよくしてあげましょう。 背側骨間筋 指の間の筋膜は指の腹でていねいに押し伸ばす (準備姿勢) 左手のひらを机につく ①指骨間の筋膜を押し伸ばす 指の骨と骨の間に指先を入れ骨に沿って軽く押していく。 指の骨の間の4カ所すべてを10秒ずつ押さえていく。 ポイントは、爪の跡がつくほど強く押すと、皮膚に傷がつくので注意しましょう。 ②もう一方の手も同様に行います。 拇指内転筋 拇指球の膨らみをペットボトルでほぐす ①親指の付け根あたりの筋膜を押し伸ばす 左腕を伸ばし、親指の付け根をペットボトルの下部に当てて体重をかける。 ボールをゆっくり転がしながら、手のひら全体の筋膜を10秒ずつ押し伸ばす。 ②もう一方の手も同様に行います     広背筋、前鋸筋、大円筋 腕を大きく動かす習慣がないと、肩甲骨の周辺や肩の血流が減ってこりにつながり、筋膜で隣接する二の腕にも影響がひろがります。 肩甲骨の動きに関わる、広背筋、前鋸筋、大円筋が付着する背面の筋膜を押し伸ばしましょう。 上腕二頭筋と三頭筋をセットで行うと、驚くほど腕の疲れが軽くなります。 ①高い位置に手をつく 壁を横にして立ち、左腕を上げて壁に手をつきます。 この時に、腕から脇が伸びていることを感じれば成功です。 ②体の側面をおさえる 伸びている実感のある肋骨周辺を、右手のひらで10秒押さえる。 ③体の側面の筋膜を押し伸ばす 壁に寄りかかり、腕から脇を伸ばして全体の筋膜を10秒くらいずつ押し伸ばす。 反対側も同様に。  

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

1月末日までの期間限定

施術1回 通常 6,500

初回限定

2,980

毎月、8名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り3名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0120-592-141 0120-592-141

診療時間 午前9:00〜12:00/午後15:00〜19:30(土は13:00)第3木曜日は休診

しまうま針灸接骨院

住所
〒 490-1141
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
アクセス
名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
名古屋第二環状線甚目寺南降り口から車で5分
代表者
仲田英人
電話番号
0120-592-141 0120-592-141

土は13時まで受付しています。また木曜日午後も第3木曜日以外は診療再開しました!

営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP