しまうま針灸接骨院

名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
キッズルームが受付横にございますので、お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

筋膜が痛みの原因だった!

痛みの原因は『筋膜』にあった

 

痛みの発生原因 その1

生活習慣や悪いクセによって、過度に使いすぎる部位が生じたりすると、そこの部分の筋肉だけ疲労が残りやすくなります。

その結果、その部分の筋肉だけが硬くなり体内の膜である「筋膜」もねじれたり縮んだり、癒着といった現象が起きだすのです。
筋膜は、全身の血流とも深く関わりがあります。
筋膜にうまく血流がいかなくなった部分は、かたまりとなって血流が極端に悪い部分が出てきます。

通常なら睡眠や適度な運動で、このかたまりは消失していくのですが、睡眠不足や運動不足、過度なストレスが続くとこのかたまりはとれなくなり、大きくなっていきます。

すると、ある事をきっかけにぎっくり腰や寝違いなどの大きな痛みが突然襲ってくるのです。
ほとんどの患者さんが「何も痛めるような事をしていないのに、急に痛くなって原因が分からない」と言われる原因はここにあるのです。

筋膜とは、ひとつの筋肉の表面、あるいは細かい筋繊維を包む薄い膜。


弾力のあるコラーゲン繊維でできていて、クモの巣のように四方八方、全身に張り巡らされています。

筋肉だけでなく、体の表面から深層部の臓器や神経まで包んでいる重要な組織です。
筋膜が重要な組織である事は、分かると思いますが、イメージしにくい方は、このようにイメージしてもらうといいのではないでしょうか?

例えば、オレンジの果汁の部分。ここは、ジュースのように水分をたっぷり含んでいるにも関わらず、切っても水分としてしたたり落ちるのは数滴ですね。
なぜこうなるかと言うと、ひとつひとつの粒になって水分を保護しているからです。
この水分を蓄えている粒の部分が筋膜とイメージしてもらうと、イメージしやすいと思います。

体の形を成すには、骨が必要で必須です。
体を動かす為には、筋肉が必須です。
体全身に指令を出すには、神経が必要です。

その骨と筋肉や神経をつなぐ働きが、筋膜なのです。

 

歪みの原因=筋膜

骨格のゆがみにも影響するのが筋膜です。

昔とんねるずがもじもじ君という番組内の企画で、全身タイツを着ていました。
筋膜は、全身タイツのように全身を覆っている繊維です。

ただ全身タイツの場合は、ストッキングのような柔らかくて柔軟性があるためヨレにくいのですが、筋膜の場合セーターのように柔らかいけど、ねじれや縮みが出やすいのです。

この全身を覆っている筋膜に、生活の中で常に偏った姿勢などで一方向の力が働いていると、網の目状のキレイな繊維が、ほつれたり目が詰まったりした状態になります。

こうなると、だんだんと筋肉や骨格も筋膜のよじれに従ってズレていきます。
これが、俗にいう「骨格のズレ」というものになっていくのです。

体の柔軟性を生み出す筋膜は、普段は体の柔軟性を生み出す働きをしてくれますが、ひとたび柔軟性を失うと種々の問題を引き起こす原因となるのです。

筋膜の特徴 その1

酷使しても、使わなくても縮む
長時間同じ姿勢をしていると、筋膜は硬く縮みます。

体を酷使している感覚があまりないのが、長時間の運転やデスクワークなどです。
患者さんに多いのが、
「普段体をあまり使ってないのに、なぜこんなに筋肉が硬くなるんですか?」
という質問です。
これは、筋膜の性質からすると至極当然なのです。

筋膜は、同じ姿勢をしている場所の筋肉を固定してしまおうとする事があります。
例えば、デスクワークで同じ姿勢をしている首から肩の筋肉です。

普段から、何も運動せず長時間パソコンばかりしている首や肩の方にとって、筋膜は固定しておく方がメリットが高いと考えます。

その為、結び目をカチカチにして動かさないようにしようとするわけです。
これを「筋膜の拘縮」と呼びます。

また、筋肉を使わなすぎるのも、筋肉が衰え筋肉を包む筋膜が固くなります。
そのうち動かさない状態が続くと、脳はそこを動かすことを忘れてやがて使われなくなります。

例えばイスにもたれかかり続けていると、腹筋も背筋もあまり使われません。
これがクセになると、さらに腹筋や背筋が使われなくなり、筋膜も伸縮性を喪失。

癒着を起こし筋膜に小さなかたまりが、すじ状にパラパラとできています。
筋膜が硬く縮んで小さなかたまりができ続けると、体に痛みや不調が生じてしまうのです。

筋膜の特徴 その2

筋膜は、弾力性がある反面、当然ねじれたりシワが寄ったりもします。
ねじれやシワも血流の妨げとなり、痛みの原因に。

服の一部分をギュッと持つと、他の部分がピンと張りますよね?
当然、ピンと張った他の部分が実際の体であれば、離れた部分であっても緊張したり痛みとなって出てくるのは当然ですよね?

シワができたりねじれたりした筋膜は、伸ばすことが必要なんです。
筋膜は全身にありますが、じつは全部がつながり1枚の膜のようになっています。
全身タイツを着ているような状態ですね。

さらに体の動きと連動して強く影響しあう部位もあり、筋膜どおしのつながりが関係する<関連痛>と呼ばれる痛みを発生させます。

基本的なパターンは、隣り合う筋膜どおしや体の表面と深部の筋膜が強く影響しあう事がよくあります。

 

  • その他

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

12月末日までの期間限定

施術1回 通常 6,500

初回限定

2,980

毎月、8名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り3名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0120-592-141 0120-592-141

診療時間 午前9:00〜12:00/午後15:00〜19:30(土は13:00)第3木曜日は休診

しまうま針灸接骨院

住所
〒 490-1141
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
アクセス
名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
名古屋第二環状線甚目寺南降り口から車で5分
代表者
仲田英人
電話番号
0120-592-141 0120-592-141

土は13時まで受付しています。また木曜日午後も第3木曜日以外は診療再開しました!

営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP