愛知で唯一の1回目の施術から実感できる骨盤の矯正で股関節の痛みを解消。外傷治療は「保険治療」が可能です!

しまうま針灸接骨院

名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
キッズルームが受付横にございますので、お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

しまうま針灸接骨院のブログ

膝痛に健康食品の類は有効か?

    • 膝の痛み

膝が痛くて、〇潤などの健康食品を飲むと 本当に有効か? 今日は膝が痛い時に、よく相談される内容を話してみました。    

それってケガですよ?

    • ケガ

ケガだと思ってないから、悪化してることって 結構あります 今回は、動画で解説します。 今後、話した方が早いな(笑)ってことは、動画でお話していこうと思います。 皆さんの痛みの原因が、ケガだってことが多いのですが、なぜそんな事が言えるかと言うと。。。

インフルエンザの予防法

    • その他

私がインフルエンザや風邪をひかなくなった方法 正直、いろいろな方法がありますが、自分自身が風邪をひかなくなった方法ですので、そのまま真似ていただいてもいいですが、参考になればと思います。 水をこまめにとるようにした よく、水分をとるといいと聞きますが、正直私の場合最初に水を飲みだした時は効果どころか、トイレに行きたくなるだけで全然ダメでした。 その理由が、一度にたくさん飲もうとしてしまったこと。 水を飲むといいと聞いた僕ですが、最初の時はペットボトル2リットルの水を1日で飲まなければいけないと必要以上に思い、無理にたくさん飲んでいました。 仕事中に何度もトイレに行かなければならず、仕事にならないと思い数週間でリタイア。 しばらく、水を飲む習慣をやめていました。 しばらくして、スタッフの一人が水を飲んでいるのを見てかなり少量をこまめにとっているのを見かけ、もしかすると自分は一度に飲む量が多すぎたのかもしれない。と飲むということを意識せず喉を潤すつもりで取るようにしだしました。 すると、以前よりも全然トイレに行きたくならず、さらに体の調子がよくなるのを実感したのです。 それ以来、水をこまめに飲むようになって一日に1リットルくらいは飲めるようになりました。 しかし、冬になり毎年原因不明の体調不良に見舞われ、かならず冬の数日体調が悪くなっていました。 その原因は水でした。 常温で夏でも冬でも飲んでいたのですが、冬の常温は水がかなり冷たくなります。 おまけに自分は、冷え性体質なので、水が冷えるごとに体の調子が悪くなり真冬の時期になると限界になり、風邪を発症する。という事態に陥っていたのです。 まとめ なので、皆さんも水をとるといいと言われても、大量に飲めないという人は、まず口に含む程度をこまめにとるようにして、量を飲もうと最初からしない方がいいです。 そして、こまめにとれるようになっても、冷え性体質だと自覚症状がある人や、水をこまめに飲んでるけど、冬場に体調崩しやすい人は白湯程度に温めるか、少しぬるめで飲んでください。 私はこの習慣をつけてから、冬場に体調を崩しにくくなりました。 皆さんも、水を飲む習慣がないという方は、ぜひ一度上の方法でトライしてみてください。 実際に患者さんに、このアドバイスをしてそのように飲むようになった方から、ひどい生理不順が治ったとか、調子よくなったとかいう話はよく聞きます。 ポイントは、水を飲むこと。 お茶や、その他の飲料はダメみたいです。 実際、ひどい生理不順だった方もお茶はこまめによく飲まれていました。 でも、水じゃないとダメなんです。と言ったら、かなりいぶかしげな顔をされていましたが、1週間ほど続けてもらったら、「あれだけひどかった生理不順が治ってビックリした!」といわれました。 ちなみに、水の種類とかは何でもいいです。水道水でもオッケーです。  

インフルエンザにかからない人が予防している方法

    • その他

インフルエンザにかかってない人が 何をしているかをお伝えします 今日、スタッフの一人がインフルエンザにかかったと連絡があり約一週間休みになりました・・・ 少し体がだるいということは言ってたので、もしや・・・と思ったのですが、ビンゴだったみたいです。 で、たまたまテレビを見ていたらインフルエンザについてニュースで特集をしてました。 今回は、インフルエンザにかからない人が何をしているかをインタビューした結果を検証しながら、インフルエンザにかからないようにするにはどうしていけばいいかをお話していきたいと思います。 インフルエンザにかからない人がやってたこと 結論から先に書くと、バラバラでした。 「お茶でうがいをするといい。」 という人がいれば、 「お風呂に長く入って体を温めないとダメ」 という人もいたり。 中には、家系的にインフルエンザにかかったことがないし、予防接種も行ったことがないという人もいたり。。。 つまり内容はバラバラなんです。 でも、その中で全員に共通している事がありました。 それは・・・ 自信満々でインフルエンザにかからない理由を語っている。 ということです。 なーんだ、そんなことか。 と思った方もいらっしゃると思います。 しかし、実はこれが大事なんだと確信しています。 もちろん、最低限の予防法はしないといけないと思います。 手洗いうがいなど全くせずとも、かからない人は中にはいらっしゃるかもしれませんが、それはただの傲慢な思い込みだと思います。 ただ、しっかり予防はした上でこれで間違いない!という思い込みはするべきだと思います。 これも大事かな、あれも大事かな?と心配ばかりしていると、かからなくてもいい方までかかってしまう恐れもあります。 なぜなら、人間は心配して注意する方へ引き寄せられる特性があるからです。 こんな経験はありませんか? 子供の頃、自転車にやっと乗れるようになったくらいの時、細い道で両サイドが田んぼなどで落ちようとすまいとすればするほど、そちらに自転車が行ってしまうこと。 これは危ないと思いすぎて、身体がそちらに向いていってしまうという身体の習性からきていますが、これと同じことがインフルエンザでも起こりえます。 気を付けることはいいのですが、かかりたくないという一心が、結果的にインフルエンザにかかるという皮肉にならないようにしてくださいね。 正直、予防接種はあくまで重症化の予防ですので、予防接種を打ったからといって、かからないとは言えません。 しかし、予防接種などやる事をやって万全を期しているにも関わらず、毎年インフルエンザになったり風邪をひいたりしている人は、何か問題がある可能性があります。 僕の場合、それは。。。 次回、風邪を毎年必ず引いていた僕が引かなくなった理由について書いていきます。  

ダイエットの時、食事で何を食べたらいいですか?

    • リバウンドしないダイエット

ダイエットの時、食事で何を食べたらいいか 迷っている人へ ダイエットで何を食べるかは、重要です。 でも実は、何を食べたって痩せるんです。 もう一度言いますね。 何を食べたって、痩せるスピードに早い遅いはありますが、痩せます。 というのが、自分の体でいろいろ実験し続けた結果です。 よくダイエットの際の質問で、 ○○はいいんですか? ○○を食べると痩せるって聞いたんですけど、本当ですか? ということをよく聞かれるんです。 で、先ほどの答えを言うと、えー?と驚かれます。 その際に、患者さんに逆に質問するんです。 「その食べ物が、痩せると分かって一生食べ続けられますか?」 すると、それは無理。と簡単に拒否されます(笑) 過去からテレビや雑誌、現在はSNSなどでいろいろな食べ物が痩せるのにいいと言われて爆発的に売れては忘れ去られ・・・というのを繰り返しています。 それらの食べ物で、痩せないと言っているのではありません。 痩せるという食べ物を食べて、体重が落ちて一喜一憂するくらいなら、やらない方がいいということを伝えたいんです。 長い人生の中で一時的な体重減少に陥るだけですよということを伝えたいんです。 ただ一時的に体重が落ちるだけなら、まだ僕もやった方がいいと思います。 しかし、痩せる食べ物を探している方は、その食べ物に飽きたらまた次の食べ物を探して・・・とさまよい続ける人が多いから最初からやめた方がいいのです。 一生痩せる体を作っていくのに必要なのは、もっと大前提として痩せる体を作る考え方を変えていかないといかないのです。 特に、根本的に体を変えていく時に必要なのは食事は大事ですが、これを食べれば痩せるということはあり得ません。一時的に落ちることはありますが、リバウンドをするもとになる体を作るだけなんです。 では、その考え方の中で、痩せたまたは痩せて元に戻っていないという方へこの一言を放すと「そうですよね」と普通にあいづち打たれるんですが、痩せれないと思っているひとへこのひとことをいうと、絶対にビックリされます。 その一言とは 「食べれば食べるほど痩せますよね」 このひとことです。 人によっては、それは絶対にないですよと否定されますが、分かると言われる人もやっぱりいらっしゃるから僕の勝手な考えではないということは証明済みです。 どうゆうことかといえば、痩せることに成功して維持している人にとっての食事への考え方の違いと痩せることに失敗し続けている人の食事への考え方の違いです。 次回、このことについて掘り下げたいと思います。  

私も昔はダイエットで失敗ばかりしていました

    • リバウンドしないダイエット

私もダイエットでことごとく失敗してきたので 気持ちがよく分かります いまでこそリバウンドしない体を、毎日ほとんど何もせずに維持できるようになった私ですが、それまではいろいろなダイエットをして失敗し続けていました。 以下は、私が実際にあった失敗談です。皆さんも思い当たるフシがあるのではないでしょうか? ジムに通おうとして、半年もたたないうちに、行かなくなりました。 最後の方はジムの中のサウナに1か月に1回行ければいい方。風呂に入りに行くだけの月もあり、月額1万円払っていたので、高い銭湯代でした(笑) おなかを痩せるために今でも流行っているシックスパッドみたいなのをしてました。 昔流行したアブトロニクスというものを付けてやってましたが、つけてるときはいいのですが、つけないとあっという間に元に戻りました。また、自分で動かしていないためにリバウンドも早かったです。 3日間、この飲み物を飲むだけで痩せるというジュースで痩せようとして、仕事中に腹が減りすぎて2日目にはドカ食いしてリバウンド。 など、数えあげればキリがありません。 では、なぜ今のノーリバウンドメソッドが体重を約10キロを2か月~3か月程度で落として、5年以上も維持できているかというと、それにはやっぱり理由があります。 ただその前に、なぜ私がダイエットを始めようと思ったか、きっかけを話したいと思います。 顔が変わっていることにも気づかない 実は、ノーリバウンドメソッドは治療家として院を開業している最中に始めました。 開業して3年目くらいにありがたいことに患者さんも増えてきたのですがスタッフも増え雑用も劇的に増えて仕事に忙殺されるようになり、ストレスも増えだんだん太っていたのですが、自分では気づかずに患者さんから指摘される始末です。 それでも自分では太っているという認識がないからタチが悪い。。。 それを決定づけたのが、免許証の更新時に自分の免許証を他人と間違えるというありえない失敗に、ちょうど息子が生まれたことも重なり、このままでは子供が大きくなる前に自分の体がもたない。。。危機感から始めたのです。 ダイエットを失敗し続けていた時と決定的に違っていたもの 開業してからはノーリバウンドメソッドを始めるまで、一切ダイエットをしていなかったので、ダイエットをしては失敗し続けていた時期と決定的に違っていたもの。 それは、西洋医学的な知識と投資コスト意識です。 西洋医学的な知識は、鍼灸師柔道整復師という2つの国家資格を取得するときに6年間勉強してきて特に解剖学、生理学、運動学が特に役に立ちました。 食べ物の消化の仕組みや、筋肉のつき方、その他いろいろな事を網羅的に覚えてきた事が理論的におかしいダイエットをする必要がなくなったのです。 以前なら、専門家やダイエットに成功した人が言っているから・・・という理由で始めてしまったりしていましたが、最初からおかしなダイエットをしなくなったために余分なリバウンドをしなくなったのです。 もう一つは、投資コスト意識です。 昔ならダイエットを始める時に、ダイエットに成功したい=ダイエットして体重を落としてスリムになりたい。くらいしか考えていませんでしたが、ノーリバウンドメソッドをやっている時は、自分の成功が患者さんの治療に使えたり、その他いろいろな副産物を生んでくれるはずという意識がありました。 そのため必要だと思ったものは、いろいろ試してみたり本を山のように購入し読み漁りました。これは自分の体への投資というばかりではなく、治療や院の経営にも役立つという投資意識がありました。 このようにノーリバウンドメソッドには、今までの自分の中にはなかった発想が詰め込まれているためいまだに効果が出ているのだと思っています。  

ダイエットをしたいのか、スリムになりたいのか?

    • リバウンドしないダイエット

ダイエットして体重を落としたいのか? 体をスリムにしたいのか?どっちですか? 患者さんで 「ダイエットしたいですー」 という話を聞くと、必ず聞くことがあります。 「ダイエットで体重を落としたいですか? もしくは、 体重は落ちなくてもいいけど体がスリムになりたいですか?」 このように聞くと、ほとんどの人が後者を選ばれます。 で、時々いらっしゃるのが 「もちろん、どっちもしたい!」 とか 「え、ダイエットしたら体重が落ちてスリムになるんでしょ?」 という方です。 もちろん、それが理想的ですけど体重を落とす事と体形が変化することは一緒だと思われているから、こんな返事が返ってくるんですけど、別々に考えてもらった方が結果的に達成するのが早いです。 残念ながら、一般的に皆さんがやろうとしてるダイエット方法では、ほとんどの方が体重は落ちても自分の思っている理想的な体形に近づくどころか、バストなど自分が落ちてほくしない場所はどんどん落ちていき、落ちてほしい下半身などやおなか回りなどは一向に落ちない・・・という悲劇が待っています。 では、なぜこんな事になるかというと、単純にやり方が間違っているからです。 時々、ストイックな方が自分のやり方が手ぬるいから・・・といってもっと無理をします。 それで落ちていけばいいですが、一時的には体重が落ちても1年もたたず元に戻るか、ひどい場合はリバウンドして体重が増えている・・・という事態に陥ります。 このような経験をした方は多いのではないでしょうか? 時間がないからできないという人の為の方法です 差支えないように先に大前提のお話をしておきます。 効果の維持できる期間は、数か月先や数年スパンの話をしているのではありません。 一時的に体重を落としたり理想的な体になりたいのでしたら、ここから先に書いてある方法は役に立たないかもしれません。 また、一日に取れる時間を毎日1時間も2時間も取れるような、時間的に余裕のある方も、もっといい方法はあると思います。そのような方は、優秀なパーソナルトレーナーをつけたりジムに通う、近くのスポーツセンターに行くなどの方法を見つけてください。 私の方法は、毎日時間は作れても15分時間が限界・・・というような人のための方法です。 というのも私自身が痩せてから、かれこれ5年以上維持している方法が、この方法だからです。私は自分でやっていないことを良いと言って人に勧めれるほど、器用ではありません。 では次回からしばらく私の考えて行っているノーリバウンドメソッドについて書きたいと思います。

就寝時ふくらはぎがつる事が怖いあなたへ

    • 足がつる

寝ている時に足がつるって地獄ですよね。。。 今回は、就寝時にふくらはぎがつってしまったことがある方なら一度は読んでおいてもらいたい内容となっています。 なぜこの話を書くかというと、私も時々なるんです。 夜中の一番眠い時に。。。 そして、その原因を知って、少しでも夜中に足がつらないようにしましょう。 昼間に筋肉の使い過ぎ まず、多くの場合の原因が普段あまり歩かない人が、日中歩く量が多かったりして筋肉を使いすぎて起こる場合です。 歩き終わった後に、ストレッチやマッサージなど少しでも終わった後のクールダウンやリラックスさせる事を直後にしておけば、夜中につる事もなかったのに。。。という事もザラではありません。 運動後にストレッチなどをすることはあっても、仕事や遊びに行った後にストレッチをすることはなかなかできなかったりします。 それは、運動のように動いたと実感が沸かない場合が多いため、「このくらいならいいだろう」と高をくくってしまうことが多いからです。 しかし実際は筋肉の疲労度からすると、じっと立ちっぱなしの方がふくらはぎにかかる負荷は適度に歩いている時よりも高いのです。 なのでよく患者さんが、「まったく動いていないのに、筋肉がパンパンなんですが、なんででしょうか?」と質問される方がいらっしゃいます。 これも、動く=疲れるという思い込みからきています。 話は元に戻りますが、筋肉の疲労を夜に残しておかないことが足のつりを出させない第一歩です。 この時に有効なのが、ストレッチとマッサージです。 ストレッチは、他のところで書いてますからこちらを参照してください。 あとマッサージですが、帰ってきて眠い時にゆっくり足をもんでいる暇なんかないですよね・・・なかなか。 でも、ちょっと触っておくだけで全然その後の疲労度が変わるので、ぜひやってもらいたいのが風呂につかりながらのふくらはぎのマッサージ。 お風呂に長く浸からないって人は、当院でも使用しているエスリークというオイルです。 筋肉を緩めてくれる作用が強く、99.9%天然成分なので体にも優しいです。 さらに、ベトベトしないのでハンドクリームのように水で手を洗うとヌメリがあったりもしません。手のハンドクリーム替わりにもなって冬場は、このオイル塗ってると手が荒れません。 患者さんに保険治療で塗ったりするのですが、手がどんどんサラサラになります(笑) ふくらはぎに塗った患者さんが、塗る前と塗った後で前屈がやりやすくなったりもするんです。そのくらい筋肉の緊張を緩めてくれるので、購入して自宅で塗ってもらった患者さんは半分くらいの方が足がつらなくなったと言われてます。 今回は、足のつる原因を筋肉という部分から視点を当てました。 次回はその他の理由について書いてみたいと思います。

足のむくみがひどい方へ

    • 足のむくみ

足のむくみが何をやっても改善しない方は お読みください 足のむくみは、痛みでもないので放っておかれる方が多いのですが、結構悩んでいるけど改善しなくて困っている方が多いのが足のむくみの特徴です。 では、なぜ足がむくむのでしょうか? いろいろな理由がありますので、これが原因!と特定ができないことがそもそも治りにくい原因である事が多いです。 では、一番多い理由は何かというとやはり筋力の低下と冷えです。 もちろん、夏場と冬場で原因が変わったりしますので、絶対とは言えませんが今回は夏場のような暑い時期ではなく、寒い時期や春や秋のような一般的な時期によくあるパターンの時期の原因として想定しております。 一つずつ、原因を探っていきましょう。   ①筋力の低下 足の筋力が低下すると、特にふくらはぎの筋力が低下する場合、足の末端に向かっていった血液が戻って来るときに筋肉のポンプ作用で血液が戻ってきます。 でも、筋肉が落ちてきたりすると筋肉がうまくポンプ作用を働かせることができず、血液が体の中心に戻ってくる時に重力に逆らって戻るほど力がない状態になります。 そうすると、血液の戻ってくるスピードが遅くなり足の末端である足の甲や足首に溜まった状態になるのです。 人によっては、ふくらはぎや「すね」がむくむ人もいらっしゃいますが、同じ理由です。 なので、この原因でむくんでいる人の多くが寝ているときに改善します。 朝はむくんでないのに、夕方や夜になるとむくむ。という場合は、筋力の低下による場合が多いです。 あと、日頃からあまり歩かない人もむくみやすいです。 筋肉は使わないと伸びたり縮んだりできません。 足を動かした時にポンプ作用は働くので、いくら筋肉があっても使わければ効果が出ないというわけです。   ②冷え 次に多いのが、冷えです。 冷え症の人はもちろん、冷え症ではない人でも冷えが原因でむくみます。 冷え症は、自覚症状がある場合とない場合があります。 施術をしていて、氷のように手足が冷たい人に「冷たいですね」と伝えても、日頃から全く気にならない方もいらっしゃいます。 これは、冷え症が感覚的なもので実際に冷えているかどうかと、体が冷えている事とイコールではないことが分かります。 そのため、冷え症の自覚症状がある人でむくみがある場合、「冷えからの原因ですね」と伝えると、すごく納得されますが、自覚症状のない人の場合は最初キョトンとされる方も多いです。 なぜ冷えがむくみの原因になるかといえば、もちろん血液の流れが遅くなるからなのですが体全体の動きが遅い事で冷えているともいえるからです。 少し分かりやすくいえば、日頃冷えやすいような生活になっているために冷えを作り出しているとも言えるのです。 冷えを作りだしやすいとは、1日中体を動かすことがあまりない。などの筋肉を動かさない事や、食事がサラダなどの生ものを食べる事が多く体が温まる食事を摂取していないなどあげられます。        

便秘を改善したい産前産後の女性の方へ

    • 骨盤矯正

便秘がひどくて、便秘薬が手放せない! という女性はぜひ一度お読みください 骨盤矯正というと、皆さんのイメージで何が改善しそうですか? 腰痛や、股関節の痛みなど痛みや歪みを改善してくれるイメージがありませんか? 確かに効果としては出ますし、その場ですぐ実感もしていただける方も多いです。 しかし、実は骨盤矯正の効果はそれだけではないんです。 むしろ女性では、こちらが想像しなかった症状が改善しました! と嬉しい驚きを発見させてくれる方が多いです。 では今までどんな症状が改善したのでしょうか? その中でも、多い症状が便秘です。 便秘である女性は多いと思うのですが、便秘薬などを常用をされている女性が、結構いらっしゃる事は事実です。 そして、それらの女性の方が最初から骨盤矯正で便秘が改善されると期待して来院された方は10%もいらっしゃいませんでした。 それほど、骨盤矯正の効果を熟知して来院される方は少ないですし、ぜひ知っていただきたいと思います。 なぜ便秘になるのか? ではなぜそもそも便秘になるのでしょうか? それには個人差や原因が多数あり、それらが複雑に絡み合っているためにこれ!というものがありません。 そのために、薬を飲んでも効果が出てるような出てないような。。。 そして、効果がないけど飲んでないと不安だから飲み続けているという女性も非常に多いです。 しかし、薬の副作用やリスクについては、痛み止めの薬と変わらず常用をする事がいいことではないので、おススメしません。 詳しくは下記のブログに書いておりますから、興味ある方はお読みください。 痛み止めをよくないと思いながら使い続ける人へ 便秘になる原因について話を戻しますが、シンプルに大きく分けて2つあります。 ①腸そのものの働きが遅かったり、動きが悪い ②腸が物理的に圧迫されている ①から詳しく解説します。 腸そのものが何らかの原因により、腸の蠕動運動が行われない場合などに便秘が起こります。そのため小腸でこのような蠕動運動が働かない場合は、腸閉塞や腸捻転を起こします。これが大腸でおきていると考えていただくといいと思います。 ②は物理的に圧迫されているというのは、腸自体が他の臓器などで圧迫をされているという事です。 例えば、姿勢が悪く腰が曲がっている人であれば、大腸が他の大腸の上に乗りかかるようにして圧迫されている。そんな状態です。 分かりやすくホースで例えると、①はホース自身に穴が開いていて漏れている状態で壊れている。②は部分部分を他のホースと重なって水が流れにくい状態といえばわかりやすいでしょうか。 このように、便秘は便秘でも2つ種類があり、①の方の便秘には確かに薬は有効ですが②の便秘には効果が正直疑問です。 なぜなら、物理的に通りが悪くなっているところに強制的に腸を動かそうが他の理由で圧迫されていれば薬が百害あって一利なしという場合もあるのです。 実際に、当院に来院されている患者さんでも骨盤矯正をしてから、あれだけ便秘薬を飲んでも全く出なかった便秘が、スルッと出たと言われます。 もし、便秘薬を飲んでも???の方は、ぜひ一度お試ししていただきたいですね。      

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

1月末日までの期間限定

施術1回 通常 6,500

初回限定

2,980

毎月、8名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り3名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0120-592-141 0120-592-141

診療時間 午前9:00〜12:00/午後15:00〜19:30(土は13:00)第3木曜日は休診

しまうま針灸接骨院

住所
〒 490-1141
愛知県海部郡大治町馬島字山西46番地
アクセス
名鉄及び市バスバス停大治役場前から徒歩2分
名古屋第二環状線甚目寺南降り口から車で5分
代表者
仲田英人
電話番号
0120-592-141 0120-592-141

土は13時まで受付しています。また木曜日午後も第3木曜日以外は診療再開しました!

営業時間
9:00〜12:00

受付時間12:00まで

15:00〜19:30

受付時間19:30まで

9:00~13:00

受付時間13:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP